衆議院議員斉木武志

Activity活動報告

敦賀で水素発電を!

敦賀市の渕上市長とオーストラリア政府資源エネルギー担当参事官トレバ ー・ホロウェイ氏に来所いただき、初顔合わせと協議を行いました。 現在豪州政府は日本政府と共同で豪州の褐炭を水素化し日本に輸出する 計画を進めています。その輸出先として敦賀市側が高い関心を示しているた め、豪州側にお知らせしたところ、初会談が持たれることになりました。 敦賀市側からは水素発電や水素産業のビジョンの説明、豪州側からは未利 用資源・褐炭の価値や日本政府・企業との交渉状況について意見が交わされ ました。

このプロジェクトは双方に大きなメリットがあります。敦賀市は既存の送 電網を活かすことができ、太陽光や風力と違い大規模集中型の発電所建設が 必要なため新たな雇用と税収が生まれます。しかも水素を燃やしても水しか 出ないため、廃棄物処理に悩む必要がありません。

豪州側もパリ協定の CO2 削減目標を達成するため石炭の輸出量を減らす 必要に迫られていますが、日本の技術を用いて豪州国内で褐炭を水素化し、 発生する CO2 も天然ガスを抜いた地中の穴に圧送して貯める計画なため、 パリ協定を遵守しつつ未利用資源の輸出を進めることができます。

嶺南に新たな産業と雇用を生む可能性を秘めたプロジェクトです。実現に 向け全力で応援します!